Windowsに入れるもの

kotaログからtwitterにpostされた記事で触発されたのでwin版をさらしてみようとおもいます。

winで使っているものなので、Macでは当然動作しないものもあります。

ご了承ください。

定番

  1. 秀丸:超使いやすいエディタ
  2. Intype:これまたエディタ。TextMateにインスパイヤされたエディタです。
  3. vim:Linuxのvim日本語移植版です。
  4. FreeMind:頭にあるごちゃごちゃしたものを書き出す事によって、抽象的にわかりやすくしましょうってやつです。
  5. FlashDevelop:Flashと連携してActionScriptをかける超高性能エディタです。これあれば何もいらない!(多分)
  6. XAMPP:言わずとしれた開発環境。
  7. Alcohol52%:仮想ドライブのエミュレート、CDの焼き方まで幅広くできます。
  8. FileZilla:FTPソフトです。重いですが、扱いやすいので使ってます。
  9. Office2007:言わずとしれたオフィスソフト群です。
  10. OpenOffice.org:最近はこちらでオフィス文書を作成する企業も増えてるようです。

見た目変更系

  1. BBLean:windowsの重たいExploreを超軽量化する事ができます。がシェルを交換するので致命傷になることも。
  2. MyTrushCan:あのちっこいゴミ箱をでっかくして荘厳に。

その他

  1. DBDesigner:ER-図を簡単にきれいに書くことができます。DBのリレーション等を明確にするとき等に便利です。
  2. AptanaStudio:IDE。これがあればHTMLからRuby、Javaまで記述する事ができます。
  3. msysgit:Githubを使うときに使ってます。
  4. ATOK:IMEからおさらばです。
  5. ThuderBird:Outlookってなんですか?
  6. Orchis:ランチャー。軽くて、ダブルクリックでランチャー起動できるので便利です。
  7. TortoiseSVN:ローカルでバージョン管理する時に使ってます。Diffも付いているので意外と使い勝手は最高です。
  8. TeraTerm:言わずとしれたターミナルソフト。他にもPuttyがあります。
  9. Kuler:色音痴な僕への最高のプレゼント。
  10. Dropbox:ファイル同期アプリ。他のPC等でデータを同期する時や、共有する時に使います。ちなみにこれは共有を提供じゃなく、同期環境を提供してるものです。
  11. iColorFolder:フォルダの区別に。進捗状況を色によって区別したりしてます。

さらしてみましたが、以外とアプリが入って無かったことに気付きました。