WordPressのアップロードファイルの容量上限を上げる方法(php.iniと.htaccess)


WordPressでアップロードできるファイルの容量上限は、サーバーの設定に依存しています。大体が2MBや3MBでしょうか。
この程度の上限では、PDFファイルや大きめの写真などが制限に引っかかってしまい、アップロードできません。そのため、容量上限を変更したいと思います。

この時、大体は「php.ini」を使用しますが、サーバーによってはphp.iniの設定が反映されないことがあります。その場合は「.htaccess」を編集することでアップロードファイルの容量上限を上げることができます。
また、サーバーによっては、コントロールパネルより設定できるらしいので、まずはじめにサーバーが提供するマニュアルをご確認ください

php.ini

メモ帳などのテキストエディタで「php.ini」というファイルを作成します。

php.iniとは、PHPの全体的な動作や環境を設定するファイルのことです。WordPressはPHPで構成されているため、上記ファイルをもって設定を変更します。

記述内容

memory_limit = 50M 
post_max_size = 40M
upload_max_filesize = 30M

ファイルの最大サイズは、upload_max_filesize にバイト単位で設定します。(上記では30MB)その際、関連する項目も併せて設定します。

このとき、数値は「memory_limit」が一番大きく、「upload_max_filesize」が一番小さい値にする必要があります。ご注意ください。
upload_max_filesize < post_max_size < memory_limit

アップロード

作成したphp.iniファイルをサーバーにアップロードします。

このとき、php.iniファイルはサイトのホームディレクトリにアップする必要があります。アップ場所にご注意ください。

.htaccess

上記、php.iniの設定が反映されなかった場合、WordPressのルートディレクトリにある「.htaccess」ファイルに容量上限を上げる記述を記入します。

記述内容

php_value memory_limit 50M
php_value post_max_size 40M
php_value upload_max_filesize 30M

お試しください。


4件のコメント: “WordPressのアップロードファイルの容量上限を上げる方法(php.iniと.htaccess)”

コメントをお願いします

  • (will not be published)

CAPTCHA