比率を計算できるWebサービス「Get Ratio」

比率を計算できるWebサービス「Get Ratio」を紹介します。
「黄金比」や「白銀比」をデザイン・レイアウトに取り入れたいとき、自分で計算するのは少し面倒。
そんな時に、自動で比率を計算してくれる便利なWebサービスです。

そもそも「黄金比」とは

ph1黄金比とは、四角形の辺の比率「1:1.618(厳密には1:1+√5/2)」のこと。
古くから最も美しいとされている比率です。ミロのヴィーナス、パリの凱旋門、パルテノン神殿などの建築や美術品に黄金比が使われています。
絵画「モナ・リザ」も黄金比で構成されているそう。顔の生え際から顎先までが黄金比になっています。
Appleのロゴも黄金比が使われています。

また、自然界にも数多く存在しています。オウム貝の対数螺旋、ひまわりの種の数(右回りと左回り)、松ぼっくりのかさなど。

日本人に人気の「白銀比」

ph2日本では黄金比よりも人気がある比率が、白銀比。「1:1.41(1:√2)」の比率です。
日本で古来から美しいとされ、建築物や美術品に多く見られます。法隆寺や五重塔、絵画「見返り美人図」などは白銀比です。

現代では、A4やA3サイズの縦横比も白銀比。
日本の人気キャラクターにも白銀比が使われていることが多いそう。

使い方

  1. まずはサイトにアクセス。「Get Ratio
    Get-Ratio1
  2. 薄いグリーンのボックスの「Width」に幅を入力し、「Get Height」をクリック。
    白銀比を知りたいときは、Ratioに「1」by「1.41」と入力します。
    Get-Ratio2
  3. すると、様々な比率で入力しなかった方の値が出てきます。
    Golden Rectangleは「黄金比」のことです。
    Get-Ratio3

逆パターンも出してくれるので、「Width」には高さを入力してもOKです。

追記

2カラムの比率も計算できる「Ratio Types」

もうひとつ、比率を計算できるサービス「Ratio Types」も紹介します。
こちらは縦横比だけではなく、2カラムの比率も計算もできます。

Metallic-Ratio2
  1. 「Ratio Types」の右横で、「長方形の横幅」「2カラム」どちらの比率を計算するか選択できます。
  2. 比率を選択します。「Ratio Types」で、8つの比率から選べます。
    「Golden Ratio」は黄金比、「Silver Ratio」は白銀比、「Bronze Ratio」は青銅比(1:3.303)。
  3. 「Result」にて、高さの数値を入力。
    「Switch Input Position」をクリックすると、横幅の入力に切り替えることもできます。

ちなみに「Floating Point」で、小数点以下をどれくらい含めるかを選択できます。